バイク用品教えます

工事系に関する情報なら当サイトにお任せ!

車に使用するバッテリーの性能はどのように選ぶのがいいのか考えてみましょう。

 

もちろん価格の高いバッテリーの方が性能が良いということから、高いモノの方がいいというのは間違いではありません。
しかし毎日ある程度の距離を走っている車は、安いバッテリーでも十分だということです。
それとは逆に、週末に少しだけ乗る車には、高性能のバッテリーを積んだ方が良いと思います。

 

これは週末のチョイ乗りだけとか、朝晩、駅までの送り迎えだけですと、十分にバッテリーに充電がされないからという理由です。
その結果高性能な物が求められるというわけです。

 

逆に毎日そこそこ走っている車は、十分に充電されることとなるのでバッテリーの価格が安くても問題ありません。


レンチを英語では、「ねじる」「ひねる」というふうな意味をあらわしますが、
日本ではボルトなどを締めたり、緩めたりする工具として使用されています。
このレンチ、イギリスではスパナとも呼ばれたりしていますが、通常日本でいうスパナは、先端が開いたレンチのこと指します。
オープンエンドレンチという名前で呼ばれることもあります。

 

名前は知らないけど、見た事があるという方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。
よく自動車整備の看板などに、このスパナの絵を使ってあったりします。自動車整備にはなくてはならない工具です。
工事中の現場などでも使用されています。
このスパナの絵をぱっと見た瞬間、自動車整備や電線の修理など思い浮かびませんか。
スパナって、意外と私たちに身近な工具である事がわかります。

 

ボルトの大きさも実に様々ですが、スパナはボルトに使用するわけですから、それに合うスパナの大きさも、それだけ沢山あるというわけです。
そもそもスパナがボルトに合わなければ、スパナの意味がなくなってしまいますからね。

 

プライヤーの役目は「掴む」、ニッパーの役目は「切断」、スパナの役目はボルトを「締める緩める」、
このように、どれも自動車整備には、必ず必要な工具ばかりです。
しかしくれぐれも注意しながら使用しなければ、ボルトなどの破損の原因にもなるかもしれません。





貸会議室のことなら
貸会議室の専門
URL:http://www.tokyo-kfc.co.jp/roomlp/



バイク用品教えますブログ:14-11-24
いくら減量のためだからと言っても、
過度のトレーニングや、過度の食べる事制限は
老化を進めてしまうんですよ!

トレーニングによって乳酸値が上がりますが、
この乳酸を作っているのが活性酸素で、
この活性酸素は老化の原因の1つとも言われています。

活性酸素は、体質に無くてはならないものですが、
過剰に発生すると、
ガン、糖尿病、心筋梗塞などを引き起こす可能性が
高くなるんだそうです。

トレーニングをしなければ乳酸も出ず、活性酸素も増えないのだから、
トレーニングしなければ良いと思うかもしれませんが、
何もしなければ筋肉は衰えていくばかりです。

老人が骨折をして、しばらく寝たきりになると、
筋力が衰え、リハビリをしっかり行わないと、
そのまま寝たきりになってしまうというのが、
良い例だと思います。

筋力を20代の時のように保つ必要はありませんが、
基礎代謝を上げる為には、ある程度のトレーニングは必要です。

食べる事制限だけのダイエットは、
筋肉を衰えさせることにもなり、
体重は減っても、老けこむ危険性があるのです。

減量とアンチエイジングのバランスを考え、
食べる事制限やトレーニングは過度になり過ぎないようにし、
長期的な減量を心掛けましょう!

糖尿病、高脂血症などが原因で、
医師から減量を勧められている人は別ですが、
サイズダウンを目的とした減量をする場合は、
「健康的に」ということを一番に考えるべきです。

食べる事の内容は、
アンチエイジングを意識したカロリーの低いもの、
トレーニングも適度に筋肉が付くくらい…と、
食べる事もトレーニングも、過剰になり過ぎないことが大切です。


バイク用品教えます モバイルはこちら